04 June, 2007

2007年度高級茶芸師資格講座

先月5月23日から30日まで、中国茶葉博物館内の職業技術学校にて「高級茶芸師養成クラス」に参加して参りました。
小町にとって、茶芸は約2年ぶりのスキルアップのための勉強となります。

毎朝8時半から午後4時半までの聴講、最終日に試験というハードなスケジュールです。この資格講座は短期速成クラスのため、自分で勉強してきているというのが大前提となります。もちろん、色んな事情があって初めてお茶の勉強をするというクラス・メートもおりますが、今回は高級クラスとあって大半がお茶の仕事をしている方たちでした。

小町はこの講座が開講される直前に参加を決めたので、その準備に大忙し!でした。
というのも、最終の実技試験では自分で茶芸表演(中国式お点前パフォーマンス)の主題を決め、それに合わせた茶葉、茶器・茶道具、衣装、音楽、また主題とお点前の手順等を理論的にまとめた論文の提出が要求さるからです。

あわてて主題を決め、茶器をかき集めて杭州へ出発しました。
荷物の重かったこと・・・・。
実際には30数名の参加者のうち、すべてを持参したのは私を含めて4名のみ。
「やっぱり中国って・・・・」とは思いましたが、唯一の外国人だった私としては何かあってもみんなのように上手に処理ができないだろうから、やはり用意していってよかったと思いました。

これから徐々に勉強した内容をアップして行きたいと思います。
理論的、技術的な観点からお茶をみることに興味のない方にはつまらない内容かもしれません。
一歩踏み込んで中国茶を知りたい方のお役に立てれば幸いです。

2 コメント:

indy said...

小町さん

 お茶の講習会といっても大変なようですね。準備やら荷物の運搬などの煩わしいことをやってのける小町さんのパワ-は、あの小さい身体のどこから来るのでしょう?
今回、上海でお目にかかれず残念でした。
日本進出のお店の情報をくださるとうれしいです。
都内でしょうか?
ぜひオ-プンに伺いたいと思います。
御身体壊さぬようにがんばってくださいね。

上海小町 said...

>indyさん
こんにちは。
やっと返事がかけます。日本へ還って参りました!
体が小さいわりにパワーがあるとよく言われます。私はきっと、単にやりたいことを我慢できないわがままな人間なので、そこがパワーの秘訣かと。。。
お会いできずに残念です。
東京サロンは11月オープン予定です。
ぜひともお客様第一号に☆お待ちしてます。
また進展具合はブログで報告します。
頑張ります。ありがとうございます。