13 December, 2006

艶のあるお茶-雲南紅茶-

中国紅茶といえば世界三大紅茶の一つである「祁門」や、以前ご紹介した「ラプサンスーチョン」が有名です。

しかし、いま、TEAsiaのお客様でこの紅茶の大ファン、続出中!
それが「雲南紅茶」なのです。
←こちらは特級雲南紅茶。金芽たっぷりで、蜂蜜のような濃厚な香りがします。でもしつこくありません。

お湯をさすことで更にその香りは沸き立つようになります。
そして、水色は鮮やかな艶紅褐色。キレイなことこの上なしデス。

では、味わいは?と言えば、祁門と競えるくらいの甘さ。でも全く異なった甘さです。
例えば、味の違いを花で表現するとしたら、祁門は小さく咲く上品な白い花。
雲南紅茶は決して高価ではないけど、大輪の色鮮やかな花。思わず、人目を引くような花です。
TEAsiaのお客様には、「これ、砂糖入れてないよね?それでこんなに甘いの?」とびっくりされた方がいるくらいなのデスよ☆

更に雲南紅茶の優れたところは、祁門やラプサンスーチョンに比べて淹れられる回数が圧倒的に多いところ!!
この寒い季節、身体を温める効果がある紅茶は大きなマグカップで「がぶがぶ~~~」と飲みたくないですか?(笑)
そんなあなたにぴったりの紅茶です。

2 コメント:

のっぽ said...

色、香、味すべてにおいて一口飲んだときから大ファンになりました。途中ちょっと浮気しましたがやっぱり雲南紅茶に戻りました。(笑)
う~ん。大きいマグカップで雲南紅茶?とても優雅な気持ちに慣れますね。今から飲みま~す。

上海小町 said...

>のっぽさん
私も時々浮気するのですが、やっぱり雲南紅茶に戻っちゃいますw
それだけの魅力がありますよね☆
そうそう、マグカップでゴクゴクと!!
あ~、私も今から飲みたくなってきました~~。